つみきのじかん

3分前の自分に「+1」

【MacBook Air】Windowsと異なる便利なショートカットキーまとめ

僕は2012年からMacBookAir (11インチ)を使っております。

以前は快適に使えていたのですが、仕事でWindowsを使う機会が増えた影響で、ショートカットキーが上手く使えなくなってきました、、、

MacとWindowsでは、ショートカットの割り当てが結構異なります。

普段使いとExcel利用の場合について、備忘録としてまとめておきます。

f:id:building-blocks:20170616213711j:plain

MacキーボードとWindowsキーボードの違い

普段使いするぶんには、違いは大きく二つあります。

  • commandキーの存在
  • functionキーの割り当て

commandキー

macはcontrolキーの他にcommandキーがあります。

こちらの存在でショートカットの感触がだいぶ変わります。

普段使いでは、controlキーの変わりがcommandキーという理解で大方問題ないです。

ただcontrolキーも多分に使用するため、ここの使い分けが慣れるまで大変です、、

 

functionキー

Windowsで活躍したfunctionキーですが、macでは使い心地がだいぶ変わります。

キーボードを改造することで使用感がだいぶ近くなりますが、全く同じにはなりません。

 

全般 便利ショートカット

 

Windowsと同様 便利ショートカット 

・command+A:全選択

・command+B:太字

・command+C:コピー

・command+D:複製

・command+F:検索

・command+shift+N:新規フォルダ作成

・command+X:切り取り

・command+V:貼り付け

・command+U:下線

・command+I:斜体

・command+P:印刷

・command+S:上書き保存

・command+shift+S:名前を付けて保存

・command+Y:やり直し

・command+Z:元に戻す

 

mac独特 便利ショートカット

・command+H:ウインドウを隠す。

WindowsでいうWindows+Dですね。人が来たら押しましょう。

・command+delete:ファイル削除

macではcommandキーを押下する必要があります。

・command+R:更新

WindowsでいうF5。必須ショートカット。

・control+A:行頭へカーソル移動

けっこう便利

・control+D:後ろの文字削除

Windowsのdelete。

・comamand+shift+3:スクリーンショット(全画面)

必須ショートカットなのに複雑。

・comamand+shift+4:スクリーンショット(選択範囲)

ブログ作成時にはかなり使えます。macのスクショファイルはデスクトップに保存されます。

・control+矢印:デスクトップ移動

macの良さを十二分に体感できます。

 

Excel用ショートカット

Windowsと同様 便利ショートカット

・control+D:上のセルを複製

・control+R:右のセルを複製

・command+1:書式

かなり使えます。

 

mac独特 便利ショートカット

・command+ー:今日の日付入力

Windowsのcontrol+ +キー。地味に便利。

・command+Y:繰り返し

WindowsのF4。単純作業時に威力を発揮します。

・option+command+enter:セル内改行

WindowsでいうAlt+enter。必須ショートカット。

・control+I:セル挿入

Windowsのcontrol+shift+ +キー。

・control+K:セル削除。

Windowsのcontrol+ -キー。

・control+U:セル編集

WindowsでいうF2。これも必須。

・option+矢印:シート移動。

Windowsとほぼ一緒ですが、PCによってはFNキーが必要です。

 

まとめ

macのショートカットキーは少し独特です。

職場ではWindowsを使っている職場が多いかと思いますので、併用する方は少し苦労するかもしれません。

ただ、ショートカットを使いこなすと作業が3倍早くなります。

簡単なところだけですが、資料としてお役に立てれば幸いです。