つみきのじかん

3分前の自分に「+1」

海外旅行で忘れがちな あると便利グッズ6選!

海外旅行へ行く際、「パスポート」「外貨」等は忘れず持っていきますよね?

しかし!海外の常識は日本の常識と全く異なります!

旅行先での、

「あ!あれがあればよかったのに!」

を防止する!忘れがちな、地味に便利なグッズまとめがこちら!

f:id:building-blocks:20170703223733j:plain

 

1.ラッシュガード(薄手の上着)

ラッシュガードは着用したまま水の中へ入ることのできる上着です。

ラッシュガードには二つの役割があります。

  • 紫外線をカットすることによる日焼け防止
  • 防寒用具

海外のレストランや飛行機の中は、冷房が非常に強いことが多いです。

上着を用意するのももちろんですが、ラッシュガードで代用してしまえば、荷物を減らすことができます。

 

DABADAのラッシュガードは、男女兼用で持ち運びにも便利です。 

 

2.洗濯物を干す紐

旅行先、特に熱帯のリゾート地では、濡れた衣類を干す機会が多くなります。

備え付けの設備では、スペースが足りなくなることもしばしば。

そんなときのためにこちら!

 地味ですがこれが役に立つ!

 

他にも、コンパクトな折りたたみハンガーもあると役に立ちます。

 セットにしておきました。

3.航空機内用スリッパ

 航空機には、短くとも数時間、長いと10時間以上も搭乗することとなります。

そんななか、靴を履きっぱなしでは群れ・むくみが気になりますよね?

リラックスした空の旅を楽しむために、スリッパがあると便利です。

 

折りたたみスリッパ

使い捨ても便利です。

 

4.圧縮袋

これがあるとないとでは、スーツケースの内容量が段違いです。

特に、帰路はお土産が増えるので、往路よりも荷物は増えます。

着用した衣類はコンパクトに収納しましょう!

圧縮袋は当たり外れも大きいので、こちらはおすすめです。

5.ウェットティッシュ

海外の食器類は、衛生面で問題がある場合があります。

特に熱帯地域へ旅行する場合は、衛生管理に配慮する必要があります。

お皿や箸、フォークを消毒できるグッズはあったほうがよいでしょう。

 

ウェットティッシュ

 ミノルくん的MUST GOODS:手ピカジェル

 

6.機内持ち込みユニパック

国際線航空機内への液体類の持ち込みは、チャック付きビニール袋1枚以内に制限されています。

用意できない場合、空港で処分していくことになってしまいます。

そんな憂き目に合わないためにはこちら。

まとめ

いかがでしたか?

旅行雑誌等で、「必要なもの」には載らなそうな、あれば便利グッズを取り上げました。

旅行直前にちらっと見て、「これも持ってこう」に繋がっていただければ嬉しいです。

合わせて読みたい

【グアム旅行】グアムのおすすめ!アクティビティ5選!