つみきのじかん

人生とは是積み重ねである

我が社はさながら牧場である

つくづく思うのだが、我が社はさながら牧場である

我が社はさながら牧場である

f:id:building-blocks:20181115232036j:plain

 

我が社はさながら牧場である。

 

個人はみな自由気ままに働いている。

同じ課の仲間が、どんな仕事をしているのかすらいまいちわからない。

 

遅刻も咎められることはない。

いびきをかいて寝ている者すらいる。

 

我が社で生きるということは、自由という名の放牧である。

 

 

我が社はさながら牧場である

f:id:building-blocks:20181115232416j:plain

我が社はさながら牧場である

長らく牧場で暮らし、勝手を得ている者たちが、我先にと餌へ群がり離さない。

 

新入りや若手が得ることのできる餌は、旨味のない食べかすや、食べきれず残された残飯のみである。

餌を配る者へと取り入る”牧場内営業”こそが、牧場で生きていくためには必須のスキルなのである。

それができないものは、飢えていくしかない。

 

我が社はさながら牧場である

f:id:building-blocks:20181115232911j:plain

 

我が社はさながら牧場である。

 

社畜たちを束ねるボスは、さらなるボスやオーナーのことしか見ていない。

彼らは「出世」という名の餌を与えてくれるから。

 

腹の膨れない、他の社畜たちにはなんの興味もない。

 

興味を持つときは、餌のもらえそうな面白いことを始めた時だけである。

その時初めて、彼らは匂いを嗅ぎつけやってくる。

 

この牧場では、彼らは餌をかすめとることだけを考えているのである。

 

我が社はさながら牧場である

 

そんな牧場では、餌は決まって与えられる。

たとえ寝ている者でも、長く牧場へ滞在しているだけで餌の量も増えていく。

 

そんな環境に身を置きながら、淡々黙々と牙を磨く。

死んだ目、人間不振を横目に、まっすぐ前だけを見つめる。

 

広大な牧場の片隅で、ただただ自分の道を進むのみ。