【LVS】ラスベガス・サンズは高配当カジノ銘柄。IR法の成立はどう影響する?

お疲れ様です。ミノル君です。

ただいまちょっと注目している銘柄がLVS。
ラスベガス・サンズというカジノ運営大手の会社です。

 

現在株価の低下に伴い、配当利回りが5%を超える高配当銘柄となっているLVS。

日本のIR法成立に伴い、トランプ大統領から口利きもあったと噂の銘柄ですが、今後の命運やいかに?

ラスベガス・サンズ とは

f:id:building-blocks:20181210213555j:plain

 

ラスベガス・サンズ は、「マリーナ・ベイ・サンズ 」や「ベネチアン」といった有名カジノを運営する会社です。

カジノに興味がない方でも、以上のような名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

株価チャートは、現在下落フェーズ

f:id:building-blocks:20181210214236p:plain

https://www.marketwatch.com/investing/stock/lvs/charts

 

10年チャートは比較的安定していますが、18年半ばから株価は下落の様相。

このときカジノ株は軒並み下落しています。

 

EPSは右肩あがり、配当性向は100%超え

f:id:building-blocks:20181210214617p:plain 

2010年から、一株あたり利益(EPS)はプラスに転じております。

配当性向が2015年から100%を超えているのが気になるところ。

現在の配当水準が保たれるのであれば、ぜひこの下落フェーズに購入したいところです。

 

営業利益も堅調な数値

f:id:building-blocks:20181210214920p:plain 

営業利益は2010年以降堅調です。

2018年も、マカオのカジノ機運回復により利益増が見込まれています。

 

一株あたりFCFは配当とほぼ同額

f:id:building-blocks:20181210215246p:plain

 

2016年は配当額がFCFを上回っています。

2017年はFCFが配当額を上回り、配当の支払い余力があると見えます。

 

2016年に配当性向が100%を上回っているにも関わらずFCFが配当金額と拮抗しているのは、多額の売掛け金の回収があったためです。

 

5年連続増配中

f:id:building-blocks:20181210215706p:plain

 

2013年より配当を開始し、5年連続増配中です。

現在のところ、19年3月期までは増配予定となっています。

 

日本のカジノ誘致へトランプ大統領が口利き?

www.sankei.com

 

ラスベガス・サンズの会長、アデルソン氏はトランプ大統領の大口献金者です。

トランプ大統領が安倍総理へ、IR法の制定に伴いラスベガス・サンズの参入を勧めたとのこと。

 

もちろん誰も明言はできないところですが、日本へ初のカジノ誘致となれば、なにかしらの形でコンサルで入るのではないでしょうか。

 

景気に左右されがちな銘柄ですが、買いかもしれない

あまり米国株ブロガーの方が紹介していなかった高配当銘柄として注目したLVSですが、12月度の購入もアリなんじゃないかと思っています。

 

日本へのカジノ誘致がどう影響を与えるのかは読めませんが、大阪万博と夢洲の関連がありカジノ銘柄へ注目してみました。

 

投資は自己責任でお願いします。