Anker PowerCore Fusion 5000はちょっと重いが素晴らしい

お疲れ様です。

現代社会ではもはや必須アイテムとなりつつある、
「モバイルバッテリー」

私も常に携帯しております。

 

現在使用しているのは「Anker PowerCore Fusion 5000」。
素晴らしい商品です。

簡単に紹介をかねてレビューをしようと思います。

 

Anker PowerCore Fusion 5000とは

Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PSE認証済/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応(ブラック)

モバイルバッテリーではおなじみAnker社の製品になります。

容量は5,000mAh。私の使用しているiPhoneSEであれば、2回はフル充電できます。
容量としては必要十分です。

ちなみにUSBポートも2口あるので、二つの製品を同時に充電することができます。

 

Anker PowerCore Fusion 5000の最大の特徴は、コンセント端子を内臓している点です。

 

コンセプトは最高の一言

 

モバイルバッテリー本体にコンセントを内臓しているということは、
そのままコンセントの口へ接続して充電ができるということです。

さらに、そのままコンセントと接続したまま機器を繋げば、コンセントから直接充電したい機器へ充電ができます。

つまり、接続用のアダプタを持ち歩く必要がなくなるんですね。

PSE認証 USB電源アダプタ アイフォン アンドロイド スマホのコンセント充電タイプ【iPhone iPad スマートフォンアクセサリー 携帯用】 (ホワイト)

おなじみのこれ、ずっと私も持ち歩いていました。

これを持ち歩く必要がなくなるので、荷物が一つ減ります。

 

「荷物が一つ減る」

これは私にとって最大の購入誘引となります。

 

だがちょっと重い

当然といえば当然ながら、重量が重いです。

本体は189g。同容量の他製品と比較すると50gくらい重いんですよね。

けっこうずしりとくる重さなので、もう少し軽くしてくれると嬉しい。

 

今後

最近は、ライフスタイルをシンプル化したいんですよね。

持ち物も、どんどんシンプルに寄せていく。

そのため、荷物が一つ減るというのは大きな魅力です。

 

より小さく、より軽く。不要な機能は削り、華美な装飾は不要。

そんなものを「所有」していきたいですね。